石坂先生のケフィアを使ったレシピ
まろやか!アボカドケフィアの発芽玄米海鮮丼
まろやか!アボカドケフィアの発芽玄米海鮮丼

―材料―(2人分)

発芽玄米入り酢飯
(発芽玄米と白米を1:1で白米と
同じように炊いて寿司酢を混ぜたもの)
茶碗2杯分
もみ海苔 少々
まぐろの刺身(赤身) 140g
海老(寿司用のもの) 4尾
アボカド 1/2個
水切りケフィア 大さじ4
レモン汁 小さじ1/2
小ねぎ 適量
醤油・わさび 各適量


まろやか!アボカドケフィアの発芽玄米海鮮丼

  1. 1小さめのボウルの上にざるを置き、キッチンペーパー又はガーゼをざるの上に広げたら必要な分の約2倍のケフィアを流す。ボウルに透明な水が落ちているのを確認してからラップをし、そのまま冷蔵庫で1晩おいてケフィアの水を切る。
  2. 2まぐろの赤身を包丁でよく叩き、ミンチ状にする。寿司海老は縦に2等分に切り、小ねぎは小口切りにしておく。
  3. 3アボカドは種と皮を取り、ボウルに水切りケフィア、レモン汁と一緒に入れてフォークの背などでつぶしながらよく混ぜる。
  4. 4丼に発芽玄米入り酢飯を盛り、もみ海苔、まぐろ、寿司海老の順で盛り付ける。
  5. 5③のアボカド入りケフィアを上に盛り付け、小ねぎを全体に散らす。
  6. 6お好みでわさびを溶いた醤油をかける。

石坂先生からのコメント

  1. 食物繊維やビタミンB群の多い、発芽玄米を使った海鮮丼にケフィアをプラスした健康メニューです。水切りケフィアはサワークリームのような味なのでマグロの赤身とも良く合います。市販のトロのたたきは赤みに油脂や添加物を混ぜていることが多いのでマグロは赤みのものを自分で叩くようにしましょう。アボカドケフィアと一緒に食べればまろやかで十分美味しいですよ!