石坂先生のケフィアを使ったレシピ
ケフィアカレーと夏野菜のオリーブオイル揚げ
ケフィアカレーと夏野菜のオリーブオイル揚げ

―材料―5皿分

カレールー
オリーブオイル 大さじ1
ケフィア 大1個
牛肉角切り
(カレー用)
200g
トマト缶(ホール) 1缶(450g)
500ml
カレールー 1/2箱(5皿分)
ケフィア 150ml
【夏野菜のオリーブオイル揚げ】
オリーブオイル 適量
赤パプリカ 1/2個
かぼちゃ 1/8個
オクラ 5本
ズッキーニ 1本
なす 1本
ご飯 適量
つくりかた写真1 つくりかた写真2 つくりかた写真3 つくりかた写真4


作り方

  1. 1鍋にオリーブオイルを熱し、薄くスライスした玉ねぎを炒め、少ししんなりしたら大さじ1の水と一つまみの塩(分量外)を加えて混ぜ、蓋をして弱火で15分ほど置く。(写真①)
  2. 2①に牛肉を加え、軽く炒めたらトマト缶、水を加えてアクを取りながら20分煮込む。(写真②)
  3. 3火を止めてカレールーを溶かしながら加えてとろみがつくまで煮込む。
  4. 4③にケフィアを加え火を止めて全体を混ぜ合わせる。(写真③)
  5. 5かぼちゃは5mmの厚さに切り、ズッキーニは1㎝の厚さに斜め切りする。オクラはへたの部分を取り、パプリカは縦に4等分に切って斜めに半分に切る。茄子は半分に切り、縦に1㎝の幅に切って厚みのある部分は皮に切れ目を入れておく。
  6. 6フライパンにオリーブオイルを薄くひき、弱火で熱し、⑤の野菜を片面2分ずつ揚げて塩を軽く振っておく。(写真④)
  7. 7皿にご飯を盛り、④のケフィアカレーをかけて⑤の夏野菜のオリーブオイル揚げを飾る。

石坂先生からのコメント

  1. 夏バテの時でも食べられる酸味の効いたカレーです。トマトとケフィアでさっぱりとしたカレーですが、夏野菜をオリーブオイルで揚げて添えるので味のバランスが良いカレーです。もう少しコクを出したい時は玉ねぎをあめ色になるまでしっかりと炒めるようにしましょう。赤身の強い牛肉を使用する時にはケフィアで漬けておくととても柔らかくなります。野菜はお好みのものでOK。少ないオリーブオイルで十分揚がりますよ。