石坂先生のケフィアを使ったレシピ
赤身牛肉としめじのまろやかハヤシライス
赤身牛肉としめじのまろやかハヤシライス

―材料―2~3人分

牛肉切り落とし
(なるべく赤身のもの)
200g
豆乳ケフィア 200ml
玉ねぎ 大1個
ギー(またはバター) 大さじ1
お好みの油 大さじ1/2
カットトマト(缶詰) 200g
100ml
コンソメブイヨン 大さじ1
☆赤ワイン 50ml
☆ケチャップ 大さじ1
☆ウスターソース 大さじ1
☆しょうゆ 大さじ1
米粉 大さじ2


赤身牛肉としめじのまろやかハヤシライス

  1. 1牛肉切り落としをひと口大に切り、保存用の袋に豆乳ケフィアと一緒に入れて閉じ、軽く揉んだらひと晩寝かす。
  2. 2玉ねぎはスライスに、しめじは石づきを切り落とし小房に分けておく。
  3. 3厚手の鍋にギーと油を入れ、弱火で熱しスライスした玉ねぎを少し色づくまでじっくり炒める。
  4. 4③の鍋に①の牛肉とケフィア、カットトマト、水、コンソメを加えて蓋をして20分煮込む。
  5. 5☆の材料を加えて混ぜながら10分ほど更に煮込む。
  6. 6火を止めたら茶こしなどでふるって混ぜながら米粉を加える。とろみがついてきたら混ぜながら5分ほど加熱する。

石坂先生からのコメント

  1. 豆乳ケフィアの力で驚くほど赤身の牛肉が柔らかくなります。ギー(GHEE)とはインド料理などで使われる油でバターのタンパク質などを取り除いた済ましバターのことです。ビタミンAやEを多く含みオメガ3や6も含まれているため、健康効果、美容効果が大変期待されています。健康のためにケフィアに小さじ1杯加えて食べるのもおすすめです。この機会に使ってみてください。