オリジナルケフィアの美味しい作り方
まずは基本の作り方を動画で説明♪



美味しいケフィアの作り方
種菌を入れます

①常温の牛乳に種菌を入れる

常温にした500mlの牛乳にオリジナルケフィアを1包入れ、よく混ぜます。(1Lの場合は2包です)

発酵させます

②24~36時間発酵させる

24~36時間発酵させます。
※途中でゆすったり、かきまぜたりしないでください。
※夏季(5月~9月)はケフィアウォーマーなしで発酵させます。

完成!

③固まっていれば完成!

ヨーグルトより少しゆるめの固さ(おぼろ豆腐くらい)になったら完成!
※発酵時間や牛乳の種類によって仕上がりが異なります。
お好みの固さでお召し上がりください。

冷やして召し上がれ

④冷やしてお召し上がりください

冷蔵庫で冷やして、そのまま又はメープルシロップやハチミツ、ジャムなどを付けてお召し上がりください。

菌は生きています。菌が活発に発酵する温度(25℃)よりも極端に高温または低温では、 上手く発酵しないことがあります。
発酵時間は、室温や牛乳の温度によっても異なりますので、 固まるまで揺すらずに発酵を続けてください。

ケフィアが出来上がらない時は…
①牛乳を確認する

牛乳パックの成分表示をご確認下さい。種類別名称が【牛乳・低脂肪乳・加工乳】であればお作りいただけます。
成分表示に【乳飲料】と書かれている飲料はケフィアが発酵しません。また、カルシウム強化型ミルクをはじめとする、機能的な乳飲料も発酵しません。



②牛乳500mlに対し1包を常温の牛乳に入れる

500mlの牛乳パックに対し、オリジナルケフィアは1包使用してください。1?の場合は2包です。
常温の牛乳にオリジナルケフィアを入れ、よく混ぜてください。十分に混ざっていないと、発酵が進まない場合があります。
牛乳パックで作る際は、開け口をしっかりと手で押さえながら牛乳パックを振って混ぜると、しっかり混ざります。



③固まるまで揺すらない

発酵途中に揺すったり、かき混ぜたりすると分離してしまい、発酵しません。
固まるまでは揺すらずに発酵を続けてください。



④常温25℃で発酵

冬季(10月~4月)は専用の保温器「ケフィアウォーマー」のご使用をおすすめします。ケフィアウォーマーは人肌より少し冷たい25℃を保ち、ケフィアの発酵を助けます。
寒い時期は、ケフィアウォーマーを使用していただいても出来上がりまでに2~3日かかる場合がございます。
夏季(5月~9月)はケフィアウォーマーなしでもお作りいただけます。



夏場は48時間、冬場は72時間まで様子をみてください。
冬の場合は室温が下がり、出来上がりに時間がかかる場合があります。

冬のケフィアの作り方
♪寒い日の発酵はアイディアが決め手♪ ケフィアを作る時は、常温25℃で24~36時間の発酵がポイントです。
寒い時期は発酵に2~3日かかることもあります。
専用の保温器「ケフィアウォーマー」のご使用をおすすめしております。
ウォーマーをお持ちでない方は、下記アイディアを参考いただき、
手作りケフィアに挑戦してください!
牛乳を温めます

①種菌を入れる前に、牛乳を温める

オリジナルケフィアを入れる前に、牛乳を電子レンジや湯煎で温めます。
電子レンジをご使用の際は、「あたためボタン」を 使用せず、20秒~30秒に設定し温めてください。

タオルやカイロを巻きます

②タオルやカイロを巻く

タオルや新聞紙を巻いて保温します。使い捨てのカイロを巻くとより効果的です。

電化製品の近くに置きます

③温かい電化製品のそばで発酵

炊飯器やポットの近くで発酵させてください。暖房の風が当たるところなども効果的です。
こたつの中やストーブの近くなど、火器の近くには置かないでください。


ケフィアをもっと楽しむ!
お好きな牛乳、豆乳で自分好みの味に。 ケフィアチーズもお楽しみいただけます